非正規雇用の人にこそオンラインサロンをすすめる理由

オンラインサロン

コロナ禍において、多くの「非正規雇用」の人たちが、大掛かりなリストラの波にのまれています。

もちろん、正社員の人たちも、例外ではありませんが、非正規雇用の人たちに比べたら、まだ守られています。

非正規雇用の人たちは、スキルが高いのに、「非正規」というだけで、派遣先から真っ先にリストラ候補になってしまいます。

これまでも、非正規雇用の人たちは、弱い立場にいましたが、このコロナ禍で、その立場は、ますます弱いものになっているのです。

正社員になりたくても、派遣先自体も正社員のリストラに悩まされて、受け入れる状況ではないのが実情ではないでしょうか?

これから、ますます、厳しい局面を迎えます。

そんな中、いくらスキルを磨いても、受け入れ先の会社がなければ、その機会がなければ、いつまでも、それを生かすことは出来ないのです。

だったら・・・

いっそのこと、正社員にこだわらず、自分で稼ぐ力を身につけたほうが「得策」です。

そう思いませんか?

そこで今回は、非正規雇用の人にこそ、「オンラインサロン」をすすめたいという思いと共に、その理由についてもお話していこうと思います。

 

なぜ、非正規雇用の人にオンラインサロンをすすめるのか?

早速、その理由からお話しましょう。

非正規雇用の人に、なぜ、オンラインサロンをすすめるのか?

ズバリ、スキルが高いからです。

いやいや、私はスキル高くないですよ!という方も多いかもしれませんが、そんなことはないはずです。

なぜなら、時給アップを狙うために、様々な資格取得に奔走していませんか?

TOEIC、簿記、パソコン、MOS、Office検定、秘書検定、漢字検定など、派遣会社のサポートによって、様々な資格が取得できるはずです。

そして、それらを取得することで、ワンランク上の派遣先で働くことが出来て、時給もアップし、派遣先の社員さんたちからも喜んでいただける・・・

そうなると、自分が満たされていき、承認欲求も満たされていきます。

正社員には負けたくない、自分を認めてもらいたいという願望もあいまって、資格取得、スキル取得に一生懸命になっている人が多いと思います。

ハッキリ言って、正社員でのうのうとあぐらをかいている人とは比べ物にならないくらい、頑張っているはずなのです。

でも・・・

「非正規」というだけで、軽く見られてしまう。

社会とは、残酷です。

弱者は、簡単に切り捨てられてしまいます。

いくら高いスキルを持っていても、簡単にです。

でも、なんとか見返そうと、さらに上級の資格を目指す。

これが精いっぱいではないでしょうか?

それで、きちんと希望する会社に入れて、長く働くことが出来るのならいいのですが、現実はそうではないのではないでしょうか?

現実には、いくら高いスキルをもっていても、それを生かせる場がなかなかないのではないでしょうか?

 

非正規雇用の人の高いスキルを生かすには?

頑張って、資格を取得し、高いスキルを身につけても、それを生かす場がない。

いつも雑用ばかりで、重要な仕事は、正社員の方が担う。

当然といえば当然の話ですが、せっかく身につけたスキルで、重要な仕事をしてみたいと思うのもまた当然の流れですよね。

でも・・・

「非正規」というだけで、そうした重要な仕事を任される機会がない。

夢物語、妄想の世界だけで、活躍している自分を想像する。

そんな毎日、つらくないですか?

時給をアップさせるため、自分を認めてもらうため、様々な動機があると思いますが、現実的に、それを生かせなければ、時給アップも、自分を認めてもらうこともないのです。

そんな状況をいつまでも続けていると、「モチベーション」はゼロどころか、マイナスですよね?

心が折れてしまいます。

では、どうすればいいのでしょう?

それは、ズバリ!

身につけたスキルを誰かに教えてあげればいいのです!

例えば、上級の資格をもっているのなら、その資格を取りたい人に勉強方法を教えるとか、分からないところを教えてあげたりだとか、持っているスキルを伝授するつもりで教えてあげれば、とても喜ばれますよね?

別に高いスキルがなくても、初級でもいいのです。

「非正規雇用」の悩み、苦しみを誰かと共有し、共にスキルを磨く仲間を集めることでもいいと思います。

「非正規雇用」は、実は、「武器」になるんです。

どんな武器かというと、同じ非正規雇用の人の気持ちが分かるからこそ、その人たちに寄り添える。

これは、正社員の人では出来ないことですよね?

そして、正社員以上の高いスキルを持っているのであれば、それを誰かに教えてあげることも出来るのです。

そうです!

つまり、ビジネスとしての武器を手に入れているというわけですよ。

どういうことかというと、自分がもっているスキルを誰かに教えてあげることで、困っている人を助けることが出来るのです。

これは、価値を提供することで、対価としてお金を受け取ることができるということなのです。

これを実現するのに、最適なのが、「オンラインサロン」というわけです。

オンライン上に、スキルを教える講座を用意して、それを習いたい人に来てもらう。

そうすることで、ビジネスが成り立ちます。

お金を稼ぐことができるようになるわけです。

スキルがここで生かされるようになるのです。

別に非正規雇用をやめることなく、副業でオンラインサロンを運営することももちろんできますので、いつどうなっても良いように、リスクヘッジも出来ますよね。

せっかく身につけたスキルを生かすことなく、派遣会社から資格手当を当てにするだけの働き方は、もったいないですよ。

どうせなら、誰かの役に立てるように生かしてみませんか?

その1つの方法として、「オンラインサロン」が最適だと私は自信をもっておすすめします。

 

まとめ

いかがでしょうか?

今回は、非正規雇用の人にこそ、オンラインサロンをおすすめする理由についてお話しました。

なかには、資格を取ることが趣味みたいになっている人もいますが、資格を取って、仕事に生かしたいと思っている人は、生かせる場が必要です。

その生かす場として、私は、「オンラインサロン」をご提案しています。

たくさんの人に感謝され、ぜひ、私にも教えてくださいと、向こうからやってきてくれます。

あなたのスキルを求めて全国、いや世界から来てくれたら、楽しくないですか?

それくらい、未来は大きく変わります。

非正規雇用だからと、このまま埋もれるのではなく、ぜひ、外を見て自分の可能性を試してみてください。

試す場所は、派遣先だけではないのですからね。

それでは、今日はこの辺で。

今回もありがとうございました。

 

あなたもオンラインサロンオーナーになりませんか?

まずは、無料個別相談でご相談ください。
今なら、3大特典をプレゼント

特典1)オンラインサロンオーナーで成功するマインドセット
特典2)会員を集めるためのWeb集客術
特典3)個別アドバイス動画(ZOOM)

無料個別相談に申し込む

関連記事一覧